1. ホーム
  2. 用語集
  3. トラス
用語集
Glossary
Share
とらす

トラス

Truss

トラスは、国際宇宙ステーション(ISS)の進行方向に対して直角で横方向に取り付けられる柱状の構造物で、長さが約91mにもなります。このトラスに太陽電池パドル(Solar Array Wing: SAW)などが取り付けられます。

ISS完成イメージとトラス

ISSのトラスには、S0(エスゼロ)S1S3、S4、S5、S6、P1P3P4P5P6、そしてZ1トラスの12個があります。この中でZ1トラスは「ユニティ」(第1結合部)に取り付けられ、ISS組立フライト13A(STS-117ミッション)以降でP4トラスが取り付けられるまでP6トラスが取り付けられ、ISSへの電力を配分する役割を担いました。また、ISSの姿勢制御機能なども担います。その他のトラスは「デスティニー」(米国実験棟)に取り付けられたS0トラスを中心として、右舷側(Starboard)、左舷側(Port)にそれぞれ取り付けられます。

トラスにはISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)を移動させるための台車となるモービルトランスポータ(台車: MT)モービルベースシステム(Mobile Base System: MBS)が取り付けられ、これによりSSRMSはトラス上を作業場所まで移動することができます。また、トラス上を移動するCETA(Crew and Equipment Translation Aid)カートも取り付けられ、これにより船外活動を行うクルーや工具、軌道上交換ユニット(Orbital Replacement Unit: ORU)などを運搬することが出来ます。

関連リンク