1. ホーム
  2. 用語集
  3. S4トラス
用語集
Glossary
Share
えすふぉーとらす

S4トラス

S4 Truss

S4トラスには、太陽電池パドル(Solar Array Wing: SAW)がふたつ装備されており、2007年6月のISS組立フライト13A(STS-117ミッション)で打ち上げられました。同じく13Aミッションでは、S3トラスも打ち上げられ、S3/S4トラスがISSに結合されたことにより、ISSへの供給電力が増大しました。

ISSに取り付けられたS3/S4トラスと太陽電池パドル(SAW)(赤枠内)(STS-117ミッション)
S4トラスは太陽電池パドル機構(Photovoltaic Array Assembly: PVAA)、制御機器アセンブリ(IEA)、改良型トラス結合システム(Modified Rocketdyne Truss Attachment System: MRTAS)から構成されています。 S4トラスはS3トラスのSARJによって回転します。また、S4トラスと太陽電池パドルの結合部のベータ・ジンバル・アセンブリ(Beta Gimbal Assembly: BGA)は、SARJの回転軸と直角の回転軸を持っているため、BGAとSARJを組み合わせてSAWを回転させることで、太陽を追尾し、効率よく発電を行うことができます。
S4トラス

S3/S4両トラスを合わせた仕様

項目 仕様
長さ 約13.7m
高さ 約4.6m
奥行き 約5.0m
質量 約16,184kg

関連リンク