1. ホーム
  2. 国際宇宙ステーション(ISS)
  3. ISS長期滞在クルー

ISS長期滞在クルー

国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在している各国の宇宙飛行士をご紹介します。

Share
キーワードで検索

現在の長期滞在クルー

Expedition 65[第65次長期滞在クルー]

飛行名 :Crew-1(クルードラゴン宇宙船)

打上げ日:2020年11月16日  |  帰還日:2021年4月29日(予定)
  • NASA(アメリカ)
マイケル・ホプキンス
米国ミズーリ州生まれ。航空宇宙工学修士(理学)。
元統合参謀本部副議長特別補佐官。
2009年にNASA宇宙飛行士候補者として選抜される。
第37次/第38次長期滞在クルーとしてISSに滞在。
01
  • NASA(アメリカ)
ビクター・グローバー
米国カリフォルニア州生まれ。飛行試験工学修士(理学)、システム工学修士(理学)、軍事作戦術修士(理学)。
米国空軍で戦闘機のテストパイロットを務める。
2013年にNASA宇宙飛行士として選抜。
今回が初飛行となる。
02
  • NASA(アメリカ)
シャノン・ウォーカー
1965年、米国テキサス州ヒューストン生まれ。博士(理学)。
2004年に宇宙飛行士となる。
第19次および第21次、第22次長期滞在クルーのバックアップクルーを務める。
第24次/第25次長期滞在クルーとしてISSに滞在。
03
  • JAXA
NOGUCHI Soichi
1965年、神奈川県横浜市生まれ。博士(学術)。
2005年STS-114ミッションでミッションスペシャリスト(MS)として初飛行。
2009年第22次/第23次長期滞在クルーとしてISSに滞在。
04

飛行名 :64S(ソユーズ宇宙船)

打上げ日:2021年4月9日  |  帰還日:未定
  • NASA(アメリカ)
マーク・ヴァンデハイ
1966年、米国バージニア州生まれ。米国陸軍大佐(退役)。
米国陸軍の士官や陸軍士官学校で物理学の助教授を務めたのち、2006年、NASAジョンソン宇宙センター(JSC)にて国際宇宙ステーション(ISS)との通信役となるCAPCOM(Capsule Communicator)に就任する。
2009年、NASA宇宙飛行士候補者として選抜される。
2017年から2018年にかけて第53次/第54次長期滞在クルーとしてISSに滞在した。今回が2回目の飛行となる。
01
  • ROSCOSMOS(ロシア)
ピョートル・ドゥブロフ
1978年、ハバロフスク生まれ。
1999年ハバロフスク国立工科大学卒業。2012年に宇宙飛行士候補者に選抜される。今回が初飛行となる。
02
  • ROSCOSMOS(ロシア)
オレッグ・ノヴィツキー
1971年、現在のベラルーシ生まれ。ロシア空軍中佐。2007年に宇宙飛行士候補者に選抜される。
2012年から2013年にかけて第33次/第34次長期滞在クルーとしてISSに滞在した。
2016年から2017年にかけて第50次/第51次長期滞在クルーとしてISSに滞在した。今回が3回目の飛行となる。
03

日本人の長期滞在クルー