1. ホーム
  2. 国際宇宙ステーション(ISS)
  3. ISS長期滞在クルー

ISS長期滞在クルー

国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在している各国の宇宙飛行士をご紹介します。

Share
キーワードで検索

現在の長期滞在クルー

Expedition 65[第65次長期滞在クルー]

飛行名 :64S(ソユーズ宇宙船)

打上げ日:2021年4月9日  |  帰還日:未定
  • NASA(アメリカ)
マーク・ヴァンデハイ
1966年、米国バージニア州生まれ。米国陸軍大佐(退役)。
米国陸軍の士官や陸軍士官学校で物理学の助教授を務めたのち、2006年、NASAジョンソン宇宙センター(JSC)にて国際宇宙ステーション(ISS)との通信役となるCAPCOM(Capsule Communicator)に就任する。
2009年、NASA宇宙飛行士候補者として選抜される。
2017年から2018年にかけて第53次/第54次長期滞在クルーとしてISSに滞在した。今回が2回目の飛行となる。
01
  • ROSCOSMOS(ロシア)
ピョートル・ドゥブロフ
1978年、ハバロフスク生まれ。
1999年ハバロフスク国立工科大学卒業。2012年に宇宙飛行士候補者に選抜される。今回が初飛行となる。
02
  • ROSCOSMOS(ロシア)
オレッグ・ノヴィツキー
1971年、現在のベラルーシ生まれ。ロシア空軍中佐。2007年に宇宙飛行士候補者に選抜される。
2012年から2013年にかけて第33次/第34次長期滞在クルーとしてISSに滞在した。
2016年から2017年にかけて第50次/第51次長期滞在クルーとしてISSに滞在した。今回が3回目の飛行となる。
03

飛行名 :Crew-2(クルードラゴン宇宙船)

打上げ日:2021年4月23日  |  帰還日:未定
  • JAXA
HOSHIDE Akihiko
1968年、東京都生まれ。
2008年STS-124ミッション、2012年第32次/第33次長期滞在に続き今回が3回目の飛行となる。
01
  • NASA(アメリカ)
シェーン・キンブロー
1967年、米国テキサス州生まれ。米陸軍大佐(退役)。
2008年、STS-126ミッションで初飛行。
2016年から2017年にかけて第49次/第50次長期滞在に続き今回が3回目の飛行となる。
02
  • NASA(アメリカ)
メ―ガン・マッカーサー
1971年、米国ハワイ州生まれ。
2008年、STS-125ミッション(ハッブル望遠鏡修理)に続き今回が2回目の飛行となる。
03
  • ESA(ヨーロッパ)
トマ・ペスケ
1978年、フランスのルーアン生まれ。2001年、飛行機の設計および管制に関する修士号を取得。
宇宙開発関連企業やフランス国立宇宙研究センター(CNES)で勤務後、エールフランス航空のパイロットを経て、2009年ESA宇宙飛行士に選抜される。
2017年から2018年にかけて第50次/第51次長期滞在に続き今回が2回目の飛行となる。
04

日本人の長期滞在クルー

※特に断りのない限り、画像クレジットは©JAXA