1. ホーム
  2. 用語集
  3. P5トラス
用語集
Glossary
Share
ぴーふぁいぶとらす

P5トラス

P5 Truss

P5トラスは、国際宇宙ステーション(ISS)組立てフライト12A.1(STS-116ミッション)で、2006年12月に打ち上げられ、P4トラスの左舷側(Port)に取り付けられました。P5トラスは、P4トラスとP6トラスのそれぞれの太陽電池パドル(Solar Array Wing: SAW)が干渉しないようにするために、P4トラスとP6トラス間のスペースを確保するためのトラスです。

国際宇宙ステーション(ISS)に取り付けられたP5トラス
P5トラスには、P4トラスとP6トラス間の電力供給、データ通信を行うためのケーブルや、ISSの熱制御を行う外部能動熱制御系機器(External Active Thermal Control System: EATCS)で使用されるアンモニア冷媒のパイプなどが備えられています。また、P5トラスには、軌道上交換ユニット(Orbital Replacement Unit: ORU)などの保管場所となる船外保管プラットフォーム(External Stowage Platform: ESP)を設置することもできます。
P5トラス模式図

P5トラスの仕様

項目 仕様
長さ 約3.4m
高さ 約4.2m
奥行き 約4.6m
重量 約1,864kg

関連リンク