1. ホーム
  2. 用語集
  3. S5トラス
用語集
Glossary
Share
えすふぁいぶとらす

S5トラス

S5 Truss

S5トラスは、、国際宇宙ステーション(ISS)S4トラスとS6トラスの太陽電池パドル(Solar Array Wing: SAW)が干渉しないようにするために、S4トラスとS6トラス間のスペースを確保するトラスで、2007年8月のISS組立フライト 13A.1(STS-118ミッション)で打ち上げられました。S5トラスには、S6トラスとS4トラス間をつなぐ電力供給とデータ通信用のケーブル、冷媒のパイプが備えられています。

ISSのロボットアーム(SSRMS)に把持されたS5トラス(STS-118ミッション)
S5トラスのS6 トラスとの結合側にはトラス結合システム(Rocketdyne Truss Attachment System: RTAS)が装備されています。S6トラスとの結合時には、船外活動による手動での結合が必要となります。
S5トラスの構成(ⓒNASA)
S5トラスの取付けイメージ(ⓒNASA)

S5トラスの主要諸元

項目 仕様
寸法 約3.37m(長さ)×約4.55m(幅)×約4.24m(高さ)
質量 約1,584kg

関連リンク