インクリメント67

公開 2022年3月28日

インクリメント67期間

2022年3月30日 ~ 2022年9月29日

インクリメント67キーメッセージ

きぼうの安定的な運用・利用を通じたISSプレゼンスの発揮
~既存プラットフォーム利用により安定的な成果を創出し、パートナー一丸となって国際協力ミッションに取り組む~

インクリメントマネージャ紹介

工藤 拓
インクリメント67マネージャ

こんにちは。インクリメント67を担当します工藤です。
これまでISSの開発・運用を通じて先人が築き積み重ねてきた知見や経験を生かして、日本の今後のさらなる発展のために、各国のパートナーと協力し、各ミッションを着実に実施していきたいと思っています。

具体的には、超小型衛星放出、船外ポート利用、新薬設計支援、健康長寿研究支援、⾰新的材料研究⽀援の各既存プラットフォームを利用したミッションを確実に行うことにより成果創出を安定的に積み重ねていくこと、国際協力ミッションをパートナー一丸となって取り組み、確実に成功へ導けるように努力したいと思っています。また、インクリメント後半には若田宇宙飛行士が長期滞在を開始します。さらに、来年には古川宇宙飛行士も長期滞在予定と日本人の活躍が続くため、その事前準備や広報活動にも力を入れて取り組んでいきたいと思っています。

2024年まであと2年、まだずいぶん先の遠い未来と思っていた時代がもう目の前に近づいています。ISSの2030年までの運用延長も議論されている最中ではありますが、ISSを使用できる期間に可能な限りやれることをやり尽くし、将来の有人宇宙探査活動に向けての準備や成果を積み重ねることで、次の人たちにバトンを渡せるように繋いでいきたいと思っています。国内外の関係者の皆さんと力を合わせて頑張っていきますので、応援のほど、よろしくお願い致します。

利用ミッション(予定)

超小型衛星放出プラットフォーム

船外ポート利用プラットフォーム

新薬設計支援プラットフォーム

健康長寿研究支援プラットフォーム

  • 第8回小動物飼育ミッション【MHU-8】

無容器処理技術を利⽤した材料研究への貢献(革新的材料研究⽀援プラットフォーム)

新プラットフォーム形成(将来有人活動の安全基盤確立に向けた宇宙火災研究(仮))

長期滞在・探査ミッション技術獲得

宇宙医学

科学研究促進(生命医科学)

科学研究促進(物質・物理科学)

国際協力・STEM教育


  • 実施予定の利用ミッションは、「きぼう利用戦略」の具体的取り組みの分類に基づいたマッピング(図1)を基に優先順位を定めています。
図1 インクリメント67利用ミッションの「きぼう利用戦略の具体的取り組み」マッピング

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更フォーム
  • メンバー情報登録解除フォーム