1. ホーム
  2. 企業・研究機関の皆様へ
  3. 宇宙医学
  4. 宇宙医学分野の研究開発
  5. 将来有人宇宙活動に向けた研究開発

将来有人宇宙活動に向けた研究開発

Space Medicine
Share

「宇宙でもっと安全に生活できるには?」
医学的・健康学的な難題に挑み続ける!

将来有人探査活動(月面・月周辺、火星表面・火星周辺)における宇宙飛行士の健康管理運用に向けて、これらに必要な宇宙医学/健康管理技術を獲得すべく研究開発を進めております。

ハイビジョンカメラがとらえた月面 クレモーナ ©JAXA/NHK

将来有人探査活動に向けた課題とは?

実験の機器をセットアップする大西、ルビンズ両宇宙飛行士 ©JAXA/ESA

これまでに、現在の国際宇宙ステーション(ISS)で行っている健康管理運用と比較し、将来有人探査活動では技術的に足りないと思われる課題を「技術ギャップ」として識別しました。

今後、当該技術ギャップを埋めるための研究開発計画を策定していくにあたっては、将来の有人探査活動が国際協力で実施される計画であることを踏まえ、国際的に我が国の優位性・独自性を示すことができることや、今後の地球低軌道(LEO)等における民間活動および地上医療への波及効果も考慮した上で、JAXAとして取り組むべき課題を明確にしていきたいと考えております。

意見募集(情報提供要請:RFI)のご紹介

将来有人探査活動にむけた研究開発活動の第一歩として、国内の企業、研究機関等の皆さまに、JAXAが識別した技術ギャップと皆様の事業又は研究開発活動との連携の可能性をお聞きするために意見募集を実施しています。また、期間の定めなく随時ご意見・情報の提供を受け付けております。

なお、本意見募集はJAXA宇宙探査イノベーションハブが実施しているオープンイノベーションハブ事業の枠組みの中で行う情報提供要請(RFI)としても位置付けており、宇宙探査イノベーションハブへの参加を希望する皆さまに対する研究提案募集(RFP)に繋げられるようにしております。

なお、現在RFPに向けた取組みの見直しを行っており、ご意見をいただいてから研究提案募集(RFP)や契約締結まではお待ちいただいております。ご了承ください。

記念撮影を行う金井宇宙飛行士らISS第55次長期滞在クルー ©JAXA/NASA

研究一覧

共同研究テーマ一覧

  • シランカップリング技術を活かした抗菌剤固着技術の研究(小林製薬株式会社/日本パーカーライジング株式会社)

※ 共同研究の相手先と契約を締結し、公表について合意のとれたものから、順次公表いたします。
※ PDFファイルをご覧になる場合には、アドビシステムズ社が配布しているAdobe® Reader®が必要となります。
Adobe® Reader®は、「アドビシステムズ社」よりダウンロードしてください。

※特に断りのない限り、画像クレジットは©JAXA