1. ホーム
  2. 国際宇宙ステーション(ISS)
  3. ISS長期滞在クルー
  4. 第64次長期滞在クルー
過去のISS長期滞在クルー
ISS
Share

Expedition 64[第64次長期滞在クルー]

飛行名 :Crew-1(クルードラゴン宇宙船)

打上げ日:2020年11月16日  |  帰還日:2021年5月2日
  • NASA(アメリカ)
マイケル・ホプキンス
米国ミズーリ州生まれ。航空宇宙工学修士(理学)。
元統合参謀本部副議長特別補佐官。
2009年にNASA宇宙飛行士候補者として選抜される。
第37次/第38次長期滞在クルーとしてISSに滞在。
01
  • NASA(アメリカ)
ビクター・グローバー
米国カリフォルニア州生まれ。飛行試験工学修士(理学)、システム工学修士(理学)、軍事作戦術修士(理学)。
米国空軍で戦闘機のテストパイロットを務める。
2013年にNASA宇宙飛行士として選抜。
今回が初飛行となる。
02
  • NASA(アメリカ)
シャノン・ウォーカー
1965年、米国テキサス州ヒューストン生まれ。博士(理学)。
2004年に宇宙飛行士となる。
第19次および第21次、第22次長期滞在クルーのバックアップクルーを務める。
第24次/第25次長期滞在クルーとしてISSに滞在。
03
  • JAXA
NOGUCHI Soichi
1965年、神奈川県横浜市生まれ。博士(学術)。
2005年STS-114ミッションでミッションスペシャリスト(MS)として初飛行。
2009年第22次/第23次長期滞在クルーとしてISSに滞在。
04

飛行名 :63S(ソユーズ宇宙船)

打上げ日:2020年10月14日  |  帰還日:2021年4月17日
  • ROSCOSMOS(ロシア)
セルゲイ・リジコフ
1974年、ロシアのタタールスタン共和国生まれ。
空軍の戦闘機パイロットなどを経て、2006年に宇宙飛行士候補者として選抜される。
第49/50次長期滞在クルー(2016年-2017年)としてISSに滞在。
01
  • NASA(アメリカ)
キャスリーン・ルビンズ
1978年、米国コネチカット州生まれ。
2005年スタンフォード大学で、がん生物学の博士号を取得。
2009年に宇宙飛行士候補者として選抜される。
大西宇宙飛行士とともに第48次/第49次長期滞在クルー(2016年)としてISSに滞在。
02
  • ROSCOSMOS(ロシア)
セルゲイ・クド-スべルチコフ
1983年、バイコヌール(旧ソ連 レニンスク)生まれ。
2012年にロシアテスト宇宙飛行士として認定される。
2020年5月まで第64次長期滞在バックアップクルーとして訓練。
2020年5月からメインクルーとして訓練。
今回が初飛行となる。
03

※特に断りのない限り、画像クレジットは©JAXA