1. ホーム
  2. 国際宇宙ステーション(ISS)
  3. ISSへのフライト情報
  4. 米国商業有人宇宙船 クルードラゴン 有人運用飛行(Crew-4)ミッション
2022.04.28
No.255
  • ファルコン9 ロケット

米国商業有人宇宙船 クルードラゴン 有人運用飛行(Crew-4)ミッション

  • ISS滞在クルー
Share
ISSの「ハーモニー」(第2結合部)へドッキングしたクルードラゴン 有人運用飛行(Crew-4) ©NASA

新着情報

国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在クルーの、チェル・リングリン、ボブ・ハインズ、ジェシカ・ワトキンス、サマンサ・クリストフォレッティ宇宙飛行士らが搭乗する米国商業有人宇宙船 クルードラゴン 有人運用飛行(Crew-4)は、2022年4月28日 午前8時37分(日本時間)にISSの「ハーモニー」(第2結合部)へドッキングしました。

飛行概要

Crew-4ミッションは、スペースX社の米国商業有人宇宙船 クルードラゴンをファルコン9ロケットで打ち上げる有人運用飛行であり、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングし2022年秋まで滞在の後、大西洋上フロリダ半島沖に着水帰還します。

打上げ物資

飛行計画

Crew-4ミッションの飛行計画(2022年4月28日現在)

項目 計画
打上げ日時 2022年4月27日 午後4時52分(日本時間)
2022年4月27日 午後0時52分(バイコヌール時間)
2022年4月27日 午前10時52分(モスクワ時間)
2022年4月27日 午前3時52分(米国東部夏時間)
射場 米国フロリダ州 ケネディ宇宙センター(KSC)39A射点
使用ロケット ファルコン9ロケット
宇宙船 米国商業有人宇宙船 クルードラゴン 有人運用飛行
搭乗人数 4名
ドッキング日時 2022年4月28日 午前8時37分(日本時間)
2022年4月28日 午前2時37分(モスクワ時間)
2022年4月27日 午後7時37分(米国東部夏時間)

クルー

©SpaceX
チェル・リングリン(Kjell Lindgren)

台湾台北市生まれ(育ちは米国中西部及びイギリス)。医学博士。
米国の空軍士官学校在学中はパラシュートチームのインストラクターおよび選手であった。緊急医療に携わった後、2007年からNASAでの勤務を開始し、フライト・サージャンとしてISS滞在クルーの訓練などを支援した。
2009年にNASAの宇宙飛行士候補者として選抜され、油井宇宙飛行士とは第20期NASA宇宙飛行士クラスの同期、2015年に第44次/第45次長期滞在で共に滞在した。
今回が2回目の飛行となる。

©SpaceX
ボブ・ハインズ(Bob Hines)

1975年、ノース・カロライナ州ファイエットビル生まれ。アメリカ空軍パイロット、飛行教官、テストパイロットを21年以上務める。
2017年に宇宙飛行士に選抜される前には、ジョンソン宇宙センターで研究パイロットを務める。
今回が初飛行となる。

©SpaceX
ジェシカ・ワトキンス(Jessica Watkins)

メリーランド州ゲイザースバーグ生まれ、コロラド州ラファイエット出身。火星表面形成過程の研究でUCLAで地質学の博士の学位を取得。
2017年に宇宙飛行士に選抜される前には、カリフォルニア工科大学の地質・惑星科学部門の博士研究員として、火星科探査機キュリオシティの科学チームの一員として共同研究を行っていた
今回が初飛行となる。

©SpaceX
サマンサ・クリストフォレッティ(Samantha Cristoforetti)

1977年、イタリアのミラノ生まれ。イタリア空軍大尉。
ミュンヘン大学で機械工学修士を取得後、イタリア空軍アカデミーを卒業。戦闘機パイロットを経て、2009年に欧州宇宙機関(ESA)の宇宙飛行士に選抜される。
2014年から2015年、ESAおよびイタリア人の女性宇宙飛行士として初めて第42次/第43次長期滞在クルーとしてISSに滞在した。
今回が2回目の飛行となる。

※特に断りのない限り、画像クレジットは©JAXA