【MHU-3】宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子Nrf2の役割

更新 2021年6月29日

Mouse Stress Defense/MHU-3Role of Environmental Stress-responsive Transcription Factor Nrf2 in Space Stress

完了
宇宙利用/実験期間 2018年 ~ 2018年
研究目的 宇宙放射線などに起因する酸化ストレスや微小重力によるメカニカルストレスなど、人類が宇宙環境に滞在した場合に直面する医学的リスクを明らかにし、いかに宇宙ストレスを回避するか、その方策を開発することを目的とします。
宇宙利用/実験内容 一群の生体防御遺伝子を制御する転写因子で、宇宙ストレスに対しても防御的に働くことが予想される転写因子Nrf2に注目し、野生型マウス、Nrf2欠失マウスを宇宙で飼育し、宇宙ストレスがNrf2活性に与える影響を調べます。また、宇宙ストレスにおけるNrf2の生理的貢献を明らかにし、宇宙環境における生体の恒常性維持にNrf2が重要であることを実証します。
期待される利用/研究成果 宇宙ストレスへのNrf2による予防効果が明らかになれば、宇宙滞在のリスク軽減として、Nrf2誘導剤の応用が期待されます。また、酸化ストレスやメカニカルストレスへの適応戦略の開発は、地上での高齢化・高ストレス社会の課題克服へ新たな応用・展開が期待されます。
研究論文
雑誌名
Commun Biol 4, 787 (2021).
論文名
著者名
Hayashi T, Kudo T, Fujita R, Fujita S, Tsubouchi H, Fuseya S, Suzuki R, Hamada M, Okada R, Muratani M, Shiba D, Suzuki T, Warabi E, Yamamoto M & Takahashi S
DOI
10.1038/s42003-021-02334-4
雑誌名
Experimental Animals, advpub (2021), 27pp
論文名
著者名
Yumoto Akane, Toshiaki Kokubo, Ryutaro Izumi, Michihiko Shimomura, Osamu Funatsu, Motoki N Tada, and others
DOI
10.1538/expanim.20-0102
雑誌名
Communications Biology, 3.1 (2020), 496
論文名
著者名
Suzuki Takafumi, Uruno Akira, Yumoto Akane, Taguchi Keiko, Suzuki Mikiko, Harada Nobuhiko, and others
DOI
10.1038/s42003-020-01227-2
関連トピックス
詳細
タイトル サイズ ID
宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子Nrf2の役割 [ pdf: 142.7 KB] 70707
タイトル サイズ ID
宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子Nrf2の役割 [ pdf: 142.7 KB] 70707

山本 雅之 YAMAMOTO Masayuki

東北大学大学院 医学系研究科 教授


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム