1. ホーム
  2. 国際宇宙ステーション(ISS)
  3. ISSへの打上げ機
  4. スペースシャトル(運用終了)
スペースシャトル(運用終了)
ISS
Share

NASAが開発した世界初の再使用型宇宙機

STS-1 ©NASA

スペースシャトルは、NASAが開発した世界初の再使用型宇宙機です。最大7人のクルーとペイロードを搭載したスペースシャトルは、ロケットのように打ち上げられ、飛行機のように着陸することができます。1981年4月12日、「コロンビア号」がスペースシャトルとして初めて飛行に成功しました(STS-1)

スペースシャトルのつくり

スペースシャトルは主に以下の3つの要素から構成されています。

オービタ

クルーが搭乗し、ペイロードを搭載します。試験機などを含めると7機のオービタが開発されました。

外部燃料タンク(External Tank: ET)

オービタのメインエンジンのための燃料を搭載し、打上げから8.5分後にオービタから切り離されます。

固体ロケットブースタ(Solid Rocket Booster: SRB)

打上げ後約2分間のほとんどの推力はSRBが担います。
ETはオービタから切り離された後、分解されて落下しますが、着陸したオービタと回収されたSRBは地上で整備され再使用されます。

スペースシャトル主要諸元

横スクロールしてお読みください。
名称 スペースシャトル
全長 56.1 m
オービタ翼幅 23.8 m
ET+ オービタ垂直尾翼
上端までの高さ
23.9 m
打上げ時全重量 約 2,041 t (ペイロード含む)
※ミッションにより前後する
飛行高度 約 185~643 km
スペースシャトル(打上げ時の構成)

関連リンク