利用状況と今後の予定

公開 2022年5月11日

船外ポート利用プラットフォーム

<中型曝露実験アダプタ2(i-SEEP2)※1:HDTV-EF2※2 カメラ撮影>
  • 4月28日、米国商業有人宇宙船クルードラゴン有人運用飛行(Crew-4)がISSにドッキングする様子を撮影しました。


革新的材料研究支援プラットフォーム(静電浮遊炉)

<静電浮遊炉(ELF)※3 を利用した実験>
  • 4月18日、地上から多目的実験ラック2(MSPR2)を起動し、実験を行いました。
  • 4月26日、宇宙飛行士が試料を除去し、地上からMSPR2を起動して試料カートリッジおよびホルダの動作確認を行いました。
  • 4月28日、地上からMSPR2を起動し、ELF実験(Fragility)※4 を行いました。


宇宙実験を支える基盤技術の強化

<固体燃焼実験装置(SCEM)※5 の機能確認>
  • FLARE実験※6 に向け、4月19日にSCEMの機能確認のため地上から多目的実験ラック(MSPR)を起動し、ガス排気ラインの接続を行いました。
  • 4月25日、地上からMSPRを起動してSCEMの機能確認を実施しました。
  • 4月26日から30日にかけて、バルブ操作を行った後、減圧および加圧でのリークチェックや、加圧後のステータス確認を完了しました。

<「きぼう」搭載用ポータブル冷凍・冷蔵庫2(FROST2)の通信・制御ユニットの機能確認終了>
  • 3月22日から継続中だったFROST2の通信・制御ユニットの機能確認を地上からの制御で行っていましたが、4月22日に機能確認を終了しました。
  • 4月28日、地上からログを地上にダウンリンクして確認を行いました。


学術研究の推進

<Hicari-II※7(Run2)の試料帰還に向けた作業>
  • 4月20日、宇宙飛行士が試料帰還向け作業として、Run2の試料カートリッジを温度勾配炉(GHF)※8 から取り外しました。Run1、Run2の試料は米国商業有人宇宙船クルードラゴン有人運用飛行(Crew-3)で地上に回収されました。


継続実施中

船外ポート利用プラットフォーム

物質・物理科学分野、生命科学分野、他


資料

タイトル サイズ ID
今週・来週の予定 2​0​22.​5.9-​2​0​22.5.22 [ pdf: 385.0 KB] 73257
先週の実績 2​0​2​2​.4.18-​2​0​2​2​.​5.8 [ pdf: 391.2 KB] 73256

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム