利用状況と今後の予定

公開 2021年12月 8日

新薬設計支援プラットフォーム

<JAXA PCG※1 #18を行っています>
  • 10月5日に開始した実験を継続しています。


船外ポート利用プラットフォーム

<きぼう後方部外部カメラ SSRMS※2 点検支援>
  • 11月28日、SSRMS点検を「きぼう」後方部外部カメラを起動し支援しました。
  • ※2 国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアーム(カナダアーム2)(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)


革新的材料研究支援プラットフォーム(静電浮遊炉)

<静電浮遊炉(ELF)※3 を利用した実験を行っています>
  • 11月22日、ELF実験(Super glassテーマ※4)の開始準備として試料ホルダを交換し、地上から動作確認を行いました。
  • 11月26日、29日と12月3日、地上から多目的実験ラック2(MSPR2)を起動してELF実験(Super glassテーマ)を行いました。


超長期有人宇宙滞在技術や探査技術の獲得

<次世代水再生実証システムの初期検証>
  • 11月22、23日、地上から水再生システムの通信確認、11月24日、宇宙飛行士が水再生システム(JWRS※5)のポート確認を行いました。
  • 11月30日、地上から多目的実験ラック(MSPR)を起動し、水再生システムの初期検証Run1を開始しました。
  • 12月3日、宇宙飛行士が水再生システムのタンクから不要な水を除去しました。


研究者の内在的動機に基づく学術研究の推進

<Advanced Nano Step※6 実験完了>
  • 10月21日に開始した実験を12月1日に完了しました。


スペシャルトピックス:「きぼう」エアロックの活用

<MISSE※7 試料の船外搬出サポート>
  • 11月22日、NASAの材料曝露実験装置MISSE-15の運用サポートとして、地上からの操作で、「きぼう」エアロックスライドテーブル運用(船外搬出・船内伸展)を行いました。その後、ISSロボットアーム(SSRMS)を地上から操作し、MISSE-15は船外に搬出されました。
  • ※7 NASAの材料曝露実験装置(Materials ISS Experiment:MISSE)


継続実施中

新薬設計支援プラットフォーム

船外ポート利用プラットフォーム

物質・物理科学分野、生命科学分野、他


資料

タイトル サイズ ID
今週・来週の予定 2​0​2​1​.​12.6-​2​0​2​1​.​12.19 [ pdf: 363.7 KB] 73106
先週の実績 2​0​2​1​.​​11.22-​2​0​2​1​.​12.5 [ pdf: 373.5 KB] 73105

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム