ロシアとの協力協定による高品質タンパク質結晶生成実験(JAXA PCG#18)を開始しました

公開 2021年10月 6日

ロシアとの協力協定による第18回高品質タンパク質結晶生成実験(Protein Crystal Growth: PCG)を開始しました。

実験機材および実験サンプルは2021年10月5日午後5時55分(日本時間)にソユーズMS-19宇宙船(65S)にて打ち上げられ、10月6日に星出宇宙飛行士により「きぼう」日本実験棟船内実験室の恒温槽に設置されました。今後、20℃で温度制御しながら結晶成長させ、12月下旬にソユーズ宇宙船で実験サンプルを地上に回収する予定です。

今回のタンパク質実験のテーマ提案者は以下のとおりです。

提案者一覧(敬称略、五十音順)

No. 提案者 所属機関
1 阿部 義人 教授 国際医療福祉大学
2 有竹 浩介 教授 第一薬科大学
3 稲岡 健 ダニエル 准教授 長崎大学
4 裏出 令子 特任教授 京都大学
5 織田 昌幸 教授 京都府立大学
6 小松 晃之 教授 中央大学
7 阪本 泰光 准教授 岩手医科大学
8 志波 智生 教授 京都工芸繊維大学
9 志水 元亨 准教授 名城大学
10 砂川 陽一 助教 静岡県立大学
11 中川 敦史 教授 大阪大学 蛋白質研究所
12 平野 優 主幹研究員 量子科学技術研究開発機構
13 前仲 勝実 教授 北海道大学
14 松村 洋寿 准教授 秋田大学
15 三谷 恭雄 グループリーダー 産業技術総合研究所
16 宮原 郁子 准教授 大阪市立大学
17 森本幸生 教授 京都大学複合原子力科学研究所
18 吉田裕美 准教授 香川大学 総合生命科学研究センター

関連リンク


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム