1. ホーム
  2. 国際宇宙ステーション(ISS)
  3. ISSへのフライト情報
  4. クルードラゴン宇宙船運用Ax-3号機(Ax-3)ミッション
2024.02.13
No.277
  • ファルコン9 ロケット

クルードラゴン宇宙船運用Ax-3号機(Ax-3)ミッション

  • ISS滞在クルー
Share
ISSにドッキングするクルードラゴン宇宙船運用Ax-3号機(Ax-3)(Image by NASA)

新着情報

クルードラゴン宇宙船運用Ax-3号機(Ax-3)は、2024年2月9日 22時30分(日本時間)にフロリダ半島沖へ着水しました。

飛行概要

Ax-3ミッションは、スペースX社のクルードラゴン宇宙船運用Ax-3号機(Ax-3)をファルコン9ロケットで打ち上げる有人運用飛行であり、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングし約2週間滞在の後、大西洋上フロリダ半島沖に着水帰還します。

飛行計画

Ax-3ミッションの飛行計画(2024年2月13日現在)

項目 計画
打上げ日時 2024年1月19日 06時49分(日本時間)
2024年1月19日 00時49分(モスクワ時間)
2024年1月18日 16時49分(米国東部標準時間)
射場 米国フロリダ州 ケネディ宇宙センター(KSC)39A射点
使用ロケット ファルコン9ロケット
宇宙船 クルードラゴン宇宙船運用Ax-3号機(Ax-3)
搭乗人数 4名
ドッキング日時 2024年1月20日 19時42分(日本時間)
2024年1月20日 13時42分(モスクワ時間)
2024年1月20日 05時42分(米国東部標準時間)
ISSからの離脱日時 2024年2月7日 23時20分(日本時間)
2024年2月7日 17時20分(モスクワ時間)
2024年2月7日 09時20分(米国東部標準時間)
着水日時 2024年2月9日 22時30分(日本時間)
2024年2月9日 16時30分(モスクワ時間)
2024年2月9日 08時30分(米国東部標準時間)

クルー

マイケル・ロペズ-アレグリア(Michael López-Alegría)

Axiom Space所属宇宙飛行士。
元NASA宇宙飛行士。
スペインのマドリード出身。
1993年にNASA宇宙飛行士として選抜される。
STS-73ミッション(1995年)、STS-92ミッション(2000年)、STS-113ミッション(2002年)でミッションスペシャリストとして飛行。
2006年には、ISS第14次長期滞在クルーのコマンダーとして飛行。
2022年には、Axiom Spaceの宇宙飛行士としてAx-1ミッションのコマンダーを務めた。
EVA実施回数(10回)、累計船外活動時間(67時間40分)のNASA記録保持者。
今回が6回目の飛行となる。
Ax-3ミッションではコマンダーを務める。

ウォルター・ヴィラデイ(Walter Villadei)

イタリア空軍(ItAF)大佐。
イタリアのローマ出身。
空軍ではC-130JとG-222のフライトエンジニアを務めたほか、MB339とユーロファイター・タイフーン(EFA)に搭乗し、海外での複数の軍事作戦活動に参加した。
2011年、ロシアのスターシティでオーランスーツとISSロシアセグメントに関する宇宙飛行士訓練を受ける。
2023年、Virgin Galactic社のGalactic01ミッションで初飛行。
現在は、米国のイタリア空軍駐在事務所の所長として、商業宇宙飛行を監督している。
Ax-3ミッションではパイロットを務める。

アルパー・ゲゼラフチ(Alper Gezeravcı)

トルコ空軍パイロット。
トルコのシリフケ出身。
トルコ空軍で15年間、戦闘機パイロットとして、T-41、SF-260、T-37、T-38、F-5、KC-135、F-16など複数の航空機での飛行経験を持つ他、ターキッシュエアラインズで7年間、機長も務めた。
今回が初飛行となる。
Ax-3ミッションではミッションスペシャリスト務める。

マーカス・ヴァント(Marcus Wandt)

ESA宇宙飛行士。
スウェーデン出身。
2003年から2014年まで、スウェーデン空軍の戦闘機パイロットを務めた。
2006年には、Intuitech AB社を設立し、同社のCEOに就任した。その後、スウェーデンのSAAB Aeronautics社でチーフテストパイロットなどを務めた
2022年11月、ESAの宇宙飛行士として選抜。
今回が初飛行となる。
Ax-3ミッションではミッションスペシャリストを務める。

※時刻は24時間制表記

※特に断りのない限り、画像クレジットは©JAXA