1. ホーム
  2. 国際宇宙ステーション(ISS)
  3. ISSへのフライト情報
  4. ソユーズMS-17宇宙船(63S)ミッション
2020.10.14
No.233
  • ソユーズ2.1a ロケット

ソユーズMS-17宇宙船(63S)ミッション

  • 長期滞在クルー
Share
前列左からルビンズ(米国)、リジコフ(ロシア)、クド-スべルチコフ(ロシア)宇宙飛行士 後列左からヴァグナー(ロシア)、イヴァニシン(ロシア)、キャシディ(米国)宇宙飛行士 ©NASA

新着情報

国際宇宙ステーション(ISS)第64次長期滞在クルーのセルゲイ・リジコフ、キャスリーン・ルビンズ、セルゲイ・クド-スべルチコフ宇宙飛行士ら3人が搭乗するソユーズMS-17宇宙船(63S)は、2021年4月17日 午後1時55分(日本時間)にカザフスタン共和国へ無事着陸しました。

飛行概要

国際宇宙ステーション(ISS)第64次長期滞在クルーのセルゲイ・リジコフ、キャスリーン・ルビンズ、セルゲイ・クド-スべルチコフ宇宙飛行士ら3人が搭乗するソユーズMS-17宇宙船(63S)は、2020年10月14日 午後2時45分(日本時間)、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。

63Sミッションは、長期滞在クルーとともに、ソユーズMS-17宇宙船をISSに届けるミッションです。
ISSへ打ち上げられるソユーズ宇宙船の打ち上げとしては63回目となります。

63Sミッション飛行計画(2021年4月17日現在)

項目 計画
打上げ日時 2020年10月14日 午後2時45分(日本時間)
2020年10月14日 午前10時45分(バイコヌール時間)
2020年10月14日 午前8時45分(モスクワ時間)
2020年10月14日 午前1時45分(米国東部夏時間)
射場 カザフスタン共和国 バイコヌール宇宙基地
使用ロケット ソユーズロケット
搭乗人数 3名
ドッキング日時 2020年10月14日 午後5時48分(日本時間)
2020年10月14日 午前11時48分(モスクワ時間)
2020年10月14日 午前4時48分(米国東部夏時間)
ISS分離日時 2021年4月17日 午前10時34分(日本時間)
2021年4月17日 午前4時34分(モスクワ時間)
2021年4月16日 午後9時34分(米国東部夏時間)
着陸日時 2021年4月17日 午後1時55分(日本時間)
2021年4月17日 午前7時55分(モスクワ時間)
2021年4月17日 午前0時55分(米国東部夏時間)

63Sドッキング後のISS

63Sドッキング後のISSの構成は以下のように変更されます。
©NASA

クルー

セルゲイ・リジコフ(Sergey Ryzhikov)

1974年、ロシアのタタールスタン共和国生まれ。
空軍の戦闘機パイロットなどを経て、2006年に宇宙飛行士候補者として選抜される。
第49/50次長期滞在クルー(2016年-2017年)としてISSに滞在。今回が2回目の飛行。

キャスリーン・ルビンズ(Kathleen Rubins)

1978年、米国コネチカット州生まれ。
2005年スタンフォード大学でがん生物学で博士号を取得。
2009年に宇宙飛行士候補者として選抜される。
大西宇宙飛行士とともに第48次/第49次長期滞在クルー(2016年)としてISSに滞在した。今回が2回目の飛行となる。

セルゲイ・クド-スべルチコフ(Sergey Kud-Sverchkov)

1983年、バイコヌール(旧ソ連 レニンスク)生まれ。
2012年にロシアテスト宇宙飛行士として認定される。
2020年5月まで第64次長期滞在バックアップクルーとして訓練。
2020年5月からメインクルーとして訓練。今回が初飛行となる。

※特に断りのない限り、画像クレジットは©JAXA