1. ホーム
  2. よくあるご質問
  3. 宇宙に長期滞在する場合、トレーニングは欠かせないらしい。なぜだろうか?
よくあるご質問
FAQ
Share

宇宙に長期滞在する場合、トレーニングは欠かせないらしい。なぜだろうか?

筋肉や骨の弱化を予防するため。

スペースシャトル内でトレーニングしている土井宇宙飛行士。
 地上で私たちが直立するためには、体の重心を足の裏の中心近くに維持する必要がある。この姿勢を保つため、抗重力筋(こうじゅうりょくきん)に分類される背筋などの筋肉がたえず働いている。また、運動するために、もっと多くの筋肉が働いている。

 無重力では、食物の消化に関わる内臓筋以外は、ほとんど働く機会がなくなり、しだいに衰えていってしまう。特に、運動によく使われる、ふくらはぎの筋肉(ひらめ筋)などは、すぐに衰えてしまうのだ。

 また、骨は重力などによって圧縮される刺激がなくなるとカルシウムやリンが溶け出し、尿や便中に排出されてしまうことがわかってきた。これらの成分が溶け出すと骨はもろくなり、折れやすくなってしまうのだ。

 筋肉や骨の弱化を予防するため、上の写真に示すペダルこぎのような器具を用いたトレーニングによって、筋肉や骨に負荷をかけ続けることが必要なのだ。

 宇宙医学の、骨カルシウムの研究は、近年増加している骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の解明にも貢献している。

※特に断りのない限り、画像クレジットは©JAXA