1. ホーム
  2. よくあるご質問
  3. 宇宙へ行くと、身長は変化するのだろうか?
よくあるご質問
FAQ
Share

宇宙へ行くと、身長は変化するのだろうか?

身長は高くなる。

 身長はふつう直立した姿勢で測定する。地上でこの姿勢をとっているときは、常に頭から足の方向に重力が働き、私たちの体は圧縮されているのだ。特に背骨は、頸椎(けいつい)7本、胸椎(きょうつい)12本、腰椎(ようつい)5本の合計24本の骨が、軟骨をクッションにしてつながっており、それぞれの継ぎ目が圧縮された状態になっている。足の関節の部分も、同じように圧縮されている。無重力では、その「圧縮された分」が開放されて、身長が伸びるのだ。

宇宙環境での背骨の変化と人体への影響を調べる実験をしている向井宇宙飛行士とヒーブ宇宙飛行士。
 地上でも、寝ていたり、長く水中にいる場合、少し背が高くなっていることを知っているだろうか?

 宇宙飛行士の中には、7cm以上背が高くなった例もある。向井宇宙飛行士や毛利宇宙飛行士も、5cmほど背が高くなったらしい。もちろん、宇宙服はこの身長の伸びを考慮してつくられている。

 身長が急に伸びるのは、良いことばかりではない。背骨が伸びる分だけ、その周りの筋肉も引っ張られるため、宇宙に行ってしばらくの間は、背中や腰に痛みがあるようだ。

※特に断りのない限り、画像クレジットは©JAXA