利用状況と今後の予定

公開 2022年1月12日

新薬設計支援プラットフォーム

<JAXA MT PCG※1 #7、JAXA LT PCG#7※2 を開始しました>
  • 12月22日、ドラゴン補給船運用24号機(SpX-24)でISSに運ばれたLTPCG実験サンプルを「きぼう」搭載用ポータブル冷凍・冷蔵庫(FROST)に格納し、翌23日、PCGサンプルの結晶化開始処置を行いFROSTに保管してLTPCG#7実験を開始しました。現在、実験を継続中です。
  • 12月23日、SpX-24でISSに運ばれたMTPCG実験サンプルの結晶化を開始し、「きぼう」搭載用ポータブル冷凍・冷蔵庫2(FROST2)に保管してMTPCG#7実験を開始しました。現在、実験を継続中です。


船外ポート利用プラットフォーム

<簡易曝露実験装置(ExHAM)※3 を利用した曝露実験>
  • 1月5日、ExHAM#2-5を回収するため、「きぼう」エアロックスライドテーブルを船内に展開し、その上にMPEP※4 およびExHAMアダプタを取り付けました。
  • 1月7日、エアロックスライドテーブルを減圧しました。


スペシャルトピックス:「きぼう」エアロックの活用

<MISSE※5 試料の船外搬入サポート>
  • NASAの材料曝露実験装置MISSE-14の運用サポートとして、12月30日、地上からISS のロボットアーム(SSRMS / SPDM)を操作し、ISS曝露部に設置されたMISSE Field Facility(FF)からサンプル設置済みのMTT※6 を取り外し、「きぼう」エアロックスライドテーブルへの移設を行いました。翌31日、地上からの操作で「きぼう」エアロックを加圧後、スライドテーブルを「きぼう」船内側に伸展し、MTTおよびJOTI※7 をスライドテーブルから取り外しました。
  • ※5 NASAの材料曝露実験装置(Materials ISS Experiment:MISSE)
  • ※6 MISSE Transfer Tray:MTT
  • ※7 JEM ORU Transfer Interface:JOTI


革新的材料研究支援プラットフォーム(静電浮遊炉)

<静電浮遊炉(ELF)※8 を利用した実験を行っています>
  • 12月20日および21日、地上からELFのソフトウェアを更新し動作確認を行いました。
  • 12月28日、宇宙飛行士が試料カートリッジを清掃し、試料ホルダを交換しました。その後、交換した試料ホルダの動作確認を地上から行いました。
  • 2022年1月5日、バイパスケーブルを取り付け、地上から動作確認を行いました。


新たなプラットフォーム形成・民間利用の拡大

<KIBO宇宙放送局技術実証(KIBO Studio2)>
  • 12月31日から2022年1月1日にかけて、地上からの操作によりISS船外カメラを用いて、宇宙からの「初日の出」をインターネット配信しました。


研究者の内在的動機に基づく学術研究の推進

<Advanced Nano Step※9 のサンプル取り外し>
  • 12月20日、実験終了したAdvanced Nano Stepのサンプルを流体実験ラックの溶液結晶化観察装置(SCOF)※10 から取り外し、FROST2に移設しました。サンプルはSpX-24で回収する予定です。


宇宙実験を支える基盤技術の強化

<固体燃焼実験装置(SCEM)※11 のCPUボード取り外し>
  • 12月20日、FLARE実験※12 に向け、地上に回収するため、SCEMからCPUボードを取り外しました。


継続実施中

船外ポート利用プラットフォーム

物質・物理科学分野、生命科学分野、他


資料

タイトル サイズ ID
今週・来週の予定 2​0​22.​1.10-​2​0​22.​1.23 [ pdf: 377.5 KB] 73155
先週の実績 2​0​2​1​.​​12.20-​2​0​2​2​.​1.9 [ pdf: 404.2 KB] 73154

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム