利用状況と今後の予定

公開 2020年12月 9日

新薬設計支援プラットフォーム

<JAXA MT PCG※1#5実験準備>
  • 11月25日、JAXA MT PCG#5の実験準備として、実験で使用する保冷材を「きぼう」搭載用ポータブル極低温冷凍庫(FROST2)庫内に設置しました。

革新的材料研究支援プラットフォーム(静電浮遊炉)

<静電浮遊炉(ELF)※2を利用した実験を行っています>
  • 11月24日、地上から多目的実験ラック2(MSPR2)を起動し、ELF実験(Round Robinテーマ※3)を行いました。
  • 12月6日、ELFの試料カートリッジ清掃を行いました。

新たなプラットフォーム形成・細胞医療研究支援

<Space Organogenesis実験※4に向けた準備>
  • Space Organogenesis実験の準備作業として、CBEF-L※5のコンフィギュレーション変更作業やCBEF※6加湿器の準備などを行いました。

スペシャルトピックス:「きぼう」エアロック活用

<MISSE※7試料の船内搬入サポートを行いました>
  • NASAの材料曝露実験装置MISSE-14の回収を支援するため、11月23日、24日に「きぼう」エアロックスライドテーブル上のアダプターやMTT※8などの付け替え作業を行い、SSRMS※9運用と連携して地上からスライドテーブル運用(MTTの船外搬出と、スライドテーブルの船内収納)を行いました。
  • 11月29日、地上からスライドテーブルを船外側に伸展させ、SSRMSでMISSE-14を搭載したMTTをスライドテーブルに設置した後、エアロック内に収納しました。回収したサンプルは、12月1日にスライドテーブルから取り外され、帰還に備え保管されました。
  • ※7 NASAの材料曝露実験装置(Materials ISS Experiment:MISSE)
  • ※8MISSE Transfer Tray:MTT
  • ※9 国際宇宙ステーションのロボットアーム(カナダアーム2)Space Station Remote Manipulator System: SSRMS(Canadarm2)

継続実施中

船外ポート利用プラットフォーム
物質・物理科学分野、生命科学分野、他

資料

タイトル サイズ ID
先週の実績 2020.11.23-2020.12.06 [ pdf: 97.3 KB] 72332
今週・来週の予定 2020.12.07-2020.12.20 [ pdf: 98.4 KB] 72331

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム