1. ホーム
  2. 「きぼう」日本実験棟
  3. 「きぼう」の運用
  4. 「きぼう」運用管制室

「きぼう」運用管制室

Kibo
Share

宇宙での実験、宇宙飛行士、そして「きぼう」を
24時間見守るワンチーム。

「きぼう」運用管制室では、「きぼう」を正常な状態に保ちながら、実験運用や宇宙飛行士の支援を24時間体制で行っています。ここでは、宇宙ステーションの映像やデータを常に監視し、モニタしています。また、実験装置などをリモートで操作したり、宇宙飛行士と交信して、実験の指示を送ったりすることができます。

「きぼう」運用管制室の様子

「きぼう」運用管制室

「きぼう」運用管制室のフライトディレクタ

「きぼう」の運用管制チーム(JAXA Flight Control Team: JFCT)は、総指揮をとるフライトディレクタと「きぼう」の各システムの専門知識を持つ運用管制員たちで構成されています。

NASAをはじめとする各国の運用管制員や、ISSに滞在する宇宙飛行士と連携し、手順や計画などに従って「きぼう」のシステム機器や日本の実験装置を監視。制御コマンドの送信やリアルタイムでの作業進捗を管理します。また、各国の運用管制センターとの調整、緊急事態や不具合への対処も行います。

実験運用管制室

実験運用管制チームは、「きぼう」に搭載、設置されている実験装置の状態を、軌道上からリアルタイムで送られるデータをもとに監視。地上からそれらの機器をコントロールし、実験を遂行しています。

宇宙飛行士による実験サンプル交換や新規実験機器取付などの作業がある場合、地上から作業をサポートするのも実験運用管制チームの役割。また、実験装置を使わず、より小規模な実験機器・器具類を用いた教育文化ミッション(EPO)や、医学ミッション(Medical)などの運用も実施しています。

野口宇宙飛行士と「きぼう」実験運用管制チーム

管制チーム

「きぼう」運用管制チーム

J-FLIGHT(ジェイフライト)
JAXA Flight Director
「きぼう」運用管制を指揮し、クルー安全、運用計画、システム運用、実験運用全てに対する責任を持ちます。また、「きぼう」運用管制室の代表としてNASAのフライトディレクタと様々な調整を行ったり、J-COM不在時に宇宙飛行士と交信を行ったりもします。
CANSEI(カンセイ)
Control and Network Systems, Electrical Power, and ICS Communication Officer
通信・電力・管制系担当として、「きぼう」の通信機器や電力系機器、カメラ機器を地上から監視制御します。
FLAT(フラット)
Fluid and Thermal Officer
熱・環境・実験支援系担当として、「きぼう」の熱・環境制御機器を地上から監視制御したり、ガス供給系やガス排気系機器を監視制御し実験ユーザに対する支援を行います。
ARIES(アリーズ)
Astronaut Related IVA and Equipment Support
船内活動支援担当として、軌道上の宇宙飛行士の船内活動(Intra-Vehicular Activity: IVA)を地上から支援したり、船内の機器や物品などの管理を行います。
KIBOTT(キボット)
Kibo Robotics Team
ロボティクス、構造・機構系担当として、「きぼう」のロボットアームやエアロックの運用を行います。
J-COM(ジェイコム)
JEM Communicator
ISSの宇宙飛行士と交信を行います。音声によるコミュニケーションで宇宙飛行士の作業を支援します。
J-PLAN(ジェイ-プラン)
JAXA Planner
運用計画担当として、「きぼう」運用に関する計画立案、国際調整を行います。宇宙飛行士や地上の管制チームの作業スケジュール、不具合発生時の計画変更調整を行います。
Tsukuba GC(ツクバジーシー)
Tsukuba Ground Controller
地上システム担当として、「きぼう」運用に必要な運用システム、ネットワークシステムの運用・管理を行います。
JEM PAYLOADS(ジェムペイローズ)
JEM Payload Officer
「きぼう」における実験運用取りまとめを行います。
JAXA EVA(ジャクサイーブイエー)
JAXA Extravehicular Activity
船外活動支援担当として、「きぼう」に関わる船外活動(Extra-Vehicular Activity: EVA)の際に地上から支援します。

実験運用管制チーム

ExPO(エクスポ)
Exposed Facility Payload Officer
船外実験装置の運用担当。(システム運用)
BIO(バイオ)
Biology Ops Lead
細胞実験ラックで行う生命科学実験の運用担当。(実験運用)
FISICS(フィジィクス)
FluId ScIence and Crystalization Science Ops Lead
流体実験ラックで行う流体物理実験や結晶生成実験の運用担当。(実験運用)
GOLEM(ゴーレム)
GHF Ops Lead and Engineer of Material Science
勾配炉実験ラックで行う材料実験の運用担当。(実験運用)
MEISTER(マイスター)
MSPR Engineering and Integration Staff for Enterprising Research
多目的実験ラック1号機、2号機で行う様々な実験の運用担当。(実験運用)
GNOME(ノーム)
General Non-rack Operation for Medical and Education
実験ラックを用いない実験運用全般を担当。(システム運用)
「きぼう」日本実験棟 運用管制チームの構成・配置

管制チーム訓練

訓練の様子

運用管制員になるためには訓練プログラムを経て「認定」される必要があります。候補として推薦されてから最終的に認定されてシフト業務をこなすまでには約1年半~2年間かかります。

さらに、新人育成を目的としたJAXA独自の運用シミュレーション訓練だけでなく、NASAやESAと合同で、「きぼう」の実運用を模擬した訓練を行っています。

運用管制員になるための道のり

1. 候補として推薦

CANSEI, FLAT, J-PLANなど、どのチームの認定を目指すか決められた上で訓練を始めます。

2.専門知識の習得と英語試験

「きぼう」に関する技術資料はたくさん蓄積されています。この中で必要な教材をひたすら自主学習します。英語はTOEICの点数で代用することができます。

3.トレーナ訓練・講義受講

約2週間、朝から夕方までみっちり座学講座を受けます。まるで塾の夏期講習?のような毎日!

4.シミュレーション訓練で鍛錬

1つの不具合が出るケースから、最終的な複数不具合+緊急事態が出るケースまで、シミュレーション訓練を実施します。実際にコマンド(指令)を打って対処する所まできちんと模擬されます。

5.筆記・実技試験

管トレで勉強した内容の筆記・実技テストを受け、合格したら一安心。座学訓練から実務訓練へ!

6.口頭試問・面接

今まで実施してきた訓練内容について口頭試問を実施します。この他にもよる遅い不規則なシフト生活に不安は無いか等、体調に関する面接も実施します。

7.認定シミュレーション

認定シミュレーション(約8時間)を通して実シフトに入れる能力があるか、評価されます。判断力や優先順位の付け方を見られています。

8.最終審査

最後に認定に必要な項目は完了しているか、シフトに入っても問題ないか、審査されます。

※特に断りのない限り、画像クレジットは©JAXA