STORY 2-2

宇宙はきっと、無限のエンターテイメント。

雲を抜け、窓の外に浮かぶ星くずたちを眺めたり、夜行列車で旅するように、宇宙空間の中でディナーを楽しんだり。

あの日憧れた映画や、いつか夢中になったアニメのように、自由に宇宙を旅する。

宇宙がエンターテイメントの場になる日は、きっともうすぐだ。

宇宙はきっと、無限のエンターテイメント。

事実、宇宙は夢じゃない。

すでに、数百を超えるひとたちが、約100km上空、宇宙空間までの日帰り飛行の旅に申し込んでいる。すでに、宇宙飛行士ではない7人の民間人が、ISSで数日間にわたる宿泊を体験している。すでに、ISSのその先、月の軌道をめぐる旅が動きはじめている。

眼下にひろがる宇宙を想う、波のように揺らめくオーロラに胸を打つ、すぐそばを通りゆく流れ星に願いをたくす。

宇宙の旅は、もう夢物語ではない。

事実、宇宙は夢じゃない。

食が楽しいと、旅は楽しい。

宇宙を旅する。ならば食事はどうだろう。

チューブ詰めされたゼリーやクリームのような食べ物だった宇宙食も昔のこと。すでにお湯やオーブンで調理して、フォークやスプーンで食事をできるようになった。ステーキ、照り焼きチキン、ラーメン、新鮮なフルーツだって口にすることができる。

いまでは、健康にもよいとされている日本食をISSに長期滞在する宇宙飛行士に楽しんでもらうための、「宇宙日本食」という制度もある。僕らが親しんでいる日本食が宇宙にも届けられているんだ。

僕らが普段口にしているあの味が、宇宙でも愛されているなんて、少し誇らしい気持ちになるね。

食が楽しいと、旅は楽しい。

開局、KIBO宇宙放送局。

宇宙をエンターテイメントの空間にする。

その名は「KIBO宇宙放送局」。ISSと地上を結び、ISSの窓の外にひろがる地球を背景に、生放送で映像を届ける。

放送だけじゃない。見上げた空の、どこにいつISSが見えるか。そんなサービスも、運営している。

開局、KIBO宇宙放送局。

誰もが宇宙へ旅立つ時代へ。

日本人の海外への自由渡航が認められてわずか数十年で、だれもが自由に外国を旅できるようになったように、

誰もが自由に宇宙へ旅立つ。そんな日が、きっとやってくる。もちろん、それまでには、あともう少しの時間が必要かもしれない。

だけど、その未来の入り口に、僕らはたしかに立っている。

誰もが宇宙へ旅立つ時代へ。

クイズに全問正解して
壁紙をダウンロード!