利用状況と今後の予定

公開 2021年10月27日

新薬設計支援プラットフォーム

<JAXA PCG※1 #18を行っています>
  • 10月5日に開始した実験を継続しています。


船外ポート利用プラットフォーム

<中型曝露実験アダプタ(i-SEEP)※2:HDTV-EF2※3 カメラ撮影>
  • 10月14日、20日、21日、24日、i-SEEP上のHDTV-EF2で撮影を行いました。

<「HISUI※4」の運用支援>
  • 10月22日、ミッションデータレコーダー(Mission Data Recorder: MDR)のハードディスクドライブを交換しました。
  • ※4 宇宙実証用ハイパースペクトルセンサ(Hyperspectral Imager SUIte: HISUI)


革新的材料研究支援プラットフォーム(静電浮遊炉)

<静電浮遊炉(ELF)※5 を利用した実験を行っています>
  • 10月20日、地上からMSPR2を起動し、ELF実験を行いました。


研究者の内在的動機に基づく学術研究の推進

<Advanced Nano Step※6 実験を開始しました>
  • 10月21日 、流体実験ラックの溶液結晶化観察装置(SCOF)※7 に、ドラゴン補給船運用23号機(SpX-23)でISSに到着したAdvanced Nano Stepのサンプルを設置しました。その後、地上からラックや装置を起動し、実験を開始しました。


スペシャルトピックス:「きぼう」エアロックの活用

<小型衛星放出機構(NRCSD#21)※8 から小型衛星を放出しました>
  • 10月11日、「きぼう」エアロックスライドテーブル上のMPEP※9 からJ-SSOD#19※10 で使用したJ-SSODを取り外し、NRCSDを設置し、「きぼう」エアロック(JEMAL)内に収納しました。
  • 10月12日、地上から「きぼう」ロボットアーム(JEMRMS)を操作しJEMAL に設置されたNRCSDを船外搬出し小型衛星放出ポジションへ移動しました。その後、地上操作によりNRCSDに搭載された小型衛星を放出しました。また、小型衛星が放出される様子を宇宙飛行士が写真撮影を行いました。
  • 10月13日、地上からJEMRMSを操作し、NRCSDを船内に搬入し、15日に船内に搬入した「きぼう」エアロックスライドテーブル上のMPEPから、NRCSDを取り外しました。
  • ※8 米国NanoRacks社製の小型衛星放出機構(NanoRacks CubeSat Deployer: NRCSD)による小型衛星放出の第21回シリーズ
  • ※9 親アーム先端取付型実験プラットフォーム(Multi-Purpose Experiment Platform: MPEP)
  • ※10 小型衛星放出機構(J-SSOD)による超小型衛星放出の第19回シリーズ


継続実施中

新薬設計支援プラットフォーム

船外ポート利用プラットフォーム

物質・物理科学分野、生命科学分野、他


資料

タイトル サイズ ID
今週・来週の予定 2​0​2​1​.​10.25-​2​0​2​1​.​11.7 [ pdf: 376.1 KB] 73059
先週の実績 2​0​2​1​.​​10.11-​2​0​2​1​.​10.24 [ pdf: 396.3 KB] 73058

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム