利用状況と今後の予定

公開 2021年4月 7日

超小型衛星放出プラットフォーム

<超小型衛星を放出しました(J-SSOD#M2※1)>
  • 3月18日から19日にかけて、次の小型衛星放出準備に向け、船内に搬入した「きぼう」エアロックスライドテーブル上に設置されたMPEP※2からJ-SSOD#16を取り外し、J-SSOD#M2を設置しました。その後、地上から期待通り動作することを確認しました。
  • 3月22日、「きぼう」エアロックから船外に搬出されたJ-SSODから、地上からの操作により搭載された小型衛星が放出されました。また、宇宙飛行士が小型衛星の放出状況を写真撮影しました。
  • 翌23日、地上から「きぼう」ロボットアームとエアロックスライドテーブルを操作し、J-SSODを船内に搬入しました。
  • ※1 小型衛星放出機構(J-SSOD)による超小型衛星放出シリーズ
  • ※2 親アーム先端取付型実験プラットフォーム(Multi-Purpose Experiment Platform: MPEP)


船外ポート利用プラットフォーム

<中型曝露実験アダプタ(i-SEEP)※3:HDTV-EF2※4カメラ撮影>
  • 3月22日、J-SSOD#M2で搭載衛星が放出される様子を撮影しました。
  • 3月24日、地上(東京)の様子を撮影しました。
  • 3月25日、30日、地上からの操作でHDTV-EF2が撮影した映像ファイルをダウンリンクしました。

<中型曝露実験アダプタ(i-SEEP):SOLISS※5の再設置>
  • 1月に取り外したSOLISSの再設置のため、3月25日から26日、i-SEEPの船内搬入の準備として、「きぼう」ロボットアームの子アームの取り出しや、「きぼう」エアロックスライドテーブル上のJ-SSOD#M2が設置されているMPEPの取り外しを行いました。
  • 3月27日から28日にかけて、地上から「きぼう」ロボットアームの子アームを操作し、船外ポート(5番)に設置されているi-SEEPの取り外しと「きぼう」船内への搬入作業を行いました。
  • 3月30日、船内に搬入された「きぼう」エアロックスラードテーブル上のi-SEEPにSOLISSを設置しました。
  • 3月31日から4月1日にかけて、地上から「きぼう」ロボットアームの子アームを操作し、船外へ搬出された「きぼう」エアロックスライドテーブル上のi-SEEPを把持して船外ポート(5番)への設置作業を行いました。その後地上からSOLISSの動作確認を行いました。

<「HISUI」※6の運用支援>
  • 3月31日、ミッションデータレコーダー(Mission Data Recorder:MDR)のハードディスクドライブを取り外しました。
  • ※6 宇宙実証用ハイパースペクトルセンサ(Hyperspectral Imager SUIte: HISUI)


革新的材料研究支援プラットフォーム(静電浮遊炉)

※6<静電浮遊炉(ELF)※7を利用した実験を行っています>
  • 3月15日、17日、地上から多目的実験ラック2(MSPR2)を起動し、Fragility実験※8を行いました。


国際協力の推進

<Asian Herb in Space (AHiS) ※9ミッション1を終了しました>
  • 3月18日、Mission-1の栽培を完了し、片付けを行いました。また、帰還用の種子の写真撮影を実施するとともに、アジアの参加者向けにクルーコメント動画の撮影を実施しました。


宇宙実験を支える基盤技術の強化

<固体燃焼実験装置(SCEM)※10の機能確認>
  • FLARE実験※11に向け、地上からの操作でSCEMの機能確認を引き続き行っています。4月2日にはSCEM着火線機構部との干渉の可能性のあるケーブルの再設置を実施しました。

<ライブイメージングシステム(COSMIC)※12加温チャンバ取り付け>
  • 3月24日から25日にかけて、COSMICの機能確認のため加温チャンバの取り付け作業を行いました。その後、25日から29日にかけて、地上からCOSMICを起動し、環境温度の取得や温度制御機能の動作確認を行いました。
  • 3月30日、軌道上と地上とが連携し、温度試験1回目の温度ロガーのデータ読み出しを実施しました。


研究者の内在的動機に基づく学術研究の推進

<Ribosome Profiling※13実験>
  • 3月15日、実験準備として、温度計測タイプの細胞培養装置搭載用生物実験ユニット(計測ユニット:MEU)※14に設置する温度ロガーの準備を行いました。
  • 3月23日(実験1日目)、培養細胞を冷凍場所のMELFIから取り出し、細胞培養装置(CBEF)※15μG部への取り付けと培地交換を行いました。その後サンプルをMEUに格納しCBEF 1G部へ取り付け、地上からのモニタリングを開始しました。
  • 3月24日(実験2日目)、サンプルをCBEF 1G部からμG部に移設しました。また翌日の準備として、固定液をMELFIの冷凍場所から冷蔵場所へ移設しました。
  • 3月25日(実験3日目)、CBEF 1G部及びμG部から各1式のMEUを取り出し、培養細胞を化学固定して、サンプル固定#1をMELFIに保管しました。
  • 3月26日(実験4日目)、CBEF 1G部及びμG部から残りのMEUを取り出し、培養細胞を化学固定してサンプル固定#2をMELFIに保管しました。Ribosome Profiling実験の作業を終えたCBEFは軌道上作業終了後、地上から遮断されました。
    3月29日、Ribosome Profiling実験後の片付けとして、CBEFから加湿器を取り外しました。その後、地上からの操作でCBEFを起動し、乾燥運転を行いました。


継続実施中

船外ポート利用プラットフォーム
物質・物理科学分野、生命科学分野、他


資料

タイトル サイズ ID
今週・来週の予定 2021.4.5-2021.4.18 [ pdf: 115.2 KB] 72753
先週の実績 2021.3.15-2021.4.4 [ pdf: 134.8 KB] 72752

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム