STORY 3-1

さあ、月に行こう。

そして、人類は再び、月をめざす。

「アルテミス計画」2024年までに、NASAは宇宙飛行士を月に送り再び月の探査を行う。2020年には、日本の文部科学省とNASAは月探査協力に関する共同宣言をした。

宣言の中では、技術協力だけでなく、日本人宇宙飛行士初の月面着陸への展望も。

日本人が月へ旅立つ日ももうすぐかもしれない。

さあ、月に行こう。

世界が日本に期待している。

「アルテミス計画」では無人、有人の月周回ミッションを経たあとに、月の周回軌道上に「ゲートウェイ」と呼ばれる人が滞在可能な拠点を建設することが計画されている。そんな壮大なプロジェクトに、日本の力が必要とされているんだ。

宇宙飛行士が滞在できる環境を整えること。地球から物資を届けること。月面の様々な調査をすること。月の上を走り回れる車をつくること。

これらはぜんぶ、世界から日本が期待されていることだ。

世界が日本に期待している。

日本なら、きっと届けられる。

まず注目されているのは、日本の輸送能力だ。

新型宇宙末テーション補給機(HTV-X)は、高いミッション成功率を誇った「こうのとり」(HTV)の後継機。「こうのとり」よりも多くの物資を積み込める上、冷凍庫や実験装置などの電源が必要な荷物も対応可能になるなど、世界中が多くの期待を寄せている。

日本なら、きっと届けられる。

月面を自由に探索するために。

そして、日本が世界に誇る産業のひとつが「自動車」だ。いま、日本の自動車メーカーが先頭に立ち、月面探査のための自動車、「月面与圧ローバ」の開発に取り組んでいる。

これまでも月面を移動する乗り物はあったけれど、それは宇宙服を着たままで乗り込むバギーのようなもの。

月面与圧ローバは車内では宇宙服を必要としない、まるでタイヤのついた宇宙船。世界ではじめて月面をドライブする車が日本車だったとしたら、ちょっとワクワクしてくるね。

月面を自由に探索するために。

日本がつくった月の地図。

未知の場所を進むとき、ひとはその手に地図が必要だ。いま、アルテミス計画で進めている月の活動には、日本でつくられた月の地図も活用されている。

2007年から2年間運用していた月周回衛星「かぐや」で作成したその地図は、地上からは見えない月の裏側の地形まで正確にとらえた。内部構造や、鉱物の組成まで、そこには記されている。

建設、輸送、車の開発、そして地図づくり……。それらはぜんぶ、日本への信頼の証だ。

日本がつくった月の地図。

クイズに全問正解して
壁紙をダウンロード!