両生類培養細胞による細胞分化と形態形成の調節

公開 2020年3月18日

Dome GeneControl of cell differentiation and morphogenesis of amphibian culture cells

完了
宇宙利用/実験期間 2009年 ~ 2009年
研究目的 地上で腎臓由来細胞を培養すると約10日目から「ドーム」と呼ばれる構造を作ります。微小重力の宇宙でも同様にドームは形成されるでしょうか?
宇宙利用/実験内容 アフリカツメガエルの細胞を培養状態で打ち上げます。宇宙では比較のため、微小重力の状態と約1gの人工重力の状態で培養し、違いを観察します。
期待される利用/研究成果 宇宙でヒトが暮らし、世代交代が行われる時代に向けて、発生・分化・形態形成が正常に起こるか、そしてそれらと微小重力との関係について、重要な手がかりが得られるものと期待されています。
研究論文
雑誌名
Advances in Space Research
論文名
著者名
Kitamoto J, Fukui A, Asashima M.
DOI
10.1016/j.asr.2005.04.100.
雑誌名
Advances in Space Research
論文名
著者名
Ikuzawa M, Akiduki S, Asashima M.
DOI
10.1016/j.asr.2007.08.014.
雑誌名
Zoological Science 25 August 2008
論文名
著者名
Ikuzawa M, Asashima M.
DOI
10.2108/zsj.25.828.
詳細

関連リンク

浅島 誠 ASASHIMA Makoto


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム