長期宇宙飛行時における48時間心臓自律神経活動に関する研究

更新 2020年4月 1日

Biological Rhythms 48The Effect of Long-term Microgravity Exposure on Cardiac Autonomic Function by Analyzing 48-hours Electrocardiogram

完了
宇宙利用/実験期間 2012年 ~ 2016年
研究目的 48時間の⼼電図記録と96時間の活動量記録を⾏って、⼼臓⾃律神経の活動と睡眠/覚醒リズムを総合的に評価します。
宇宙利用/実験内容 ホルター⼼電計で48時間の⼼電図を記録します。ホルター⼼電計は、バイオロジカルリズムといって、⼈間の体内時計がどのくらいシフトするかを調べるために使⽤できます。また、アクティウォッチと呼ばれる腕時計型の活動量計を⾝につけ、96時間分の記録をとります。24時間の⼼電図記録を⾏ったBiological Rhythms実験(BLR)を発展させた研究です。
期待される利用/研究成果 これまでの解析で、48時間連続で周波数解析を行う(BLR48)ことにより、24時間で解析を行う(BLR)より、より正確にサーカディアンリズムが抽出されることがわかりました。引き続き、解析を進めています。
研究論文
雑誌名
Scientific Reports 11, Article number: 14907 (2021)
論文名
著者名
Otsuka K, Cornelissen G, Furukawa S, Kubo Y, Shibata K, Mizuno K, Ohshima H, Mukai C.
DOI
10.1038/s41598-021-94478-w
雑誌名
Scientific Reports 20 June 2019
論文名
著者名
Otsuka K, Cornelissen G, Kubo Y, Shibata K, Mizuno K, Ohshima H, Furukawa S, Mukai C.
DOI
10.1038/s41598-019-45387-6.
詳細

関連リンク

向井 千秋 MUKAI Chiaki

JAXA


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム