線虫Cエレガンスを用いた微小重力による筋繊維変化の解析

公開 2020年3月18日

NematodeMusclesAlterations of C. elegans muscle fibers by microgravity

完了
宇宙利用/実験期間 2015年 ~ 2015年
研究目的 カロリー制限による長寿命化に関する研究は地上ではハエ、線虫、マウス、霊長類を用いて広く研究されています。宇宙では線虫を用いた2009年のCERISE実験で、微小重力環境での短期間で顕著な変化が見られました。今回の実験では蛍光タンパク質で可視化した9種類の線虫を育て化学固定して持ち帰り変化を詳細に観察します。宇宙実験の結果を筋萎縮対策へ展開することを目指しています。
宇宙利用/実験内容 国際宇宙ステーションの「きぼう」日本実験棟で、線虫を4日間培養し、ホルマリンで化学固定して帰還させ、地上で蛍光顕微鏡を用いて詳細に解析します。
期待される利用/研究成果 本研究の線虫で得られた結果は、ヒトのロコモティブ症候群の研究に役立つものと期待されます。また、この実験の着目点は長期臥床や、カロリー制限による長寿命化などの問題とも深く関連することから、宇宙環境のみでなく、高齢化などの地上レベルで現在の社会が抱えている問題に対して貢献できます。
研究論文
雑誌名
Biological Sciences in Space
論文名
著者名
Sudevan S, Hashizume T, Yano S, Kuriyama K, Momma K, Harada S, Umehara M, Higashibata A, Higashibata A.
DOI
10.2187/bss.32.6.
詳細

関連リンク

東谷 篤志 HIGASHITANI Atsushi

東北大学大学院 生命科学研究科 教授


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム