宇宙放射線と微小重力の哺乳類細胞への影響

公開 2020年3月18日

Neuro RadBiological Effects of Space Radiation and Microgravity on Mammalian Cells

完了
宇宙利用/実験期間 2010年 ~ 2010年
研究目的 ミトコンドリアは、生物の健康維持に必要な仕組みであるアポトーシス(プログラム細胞死)に深く関わっています。宇宙で細胞がダメージを受けた際、アポトーシスが正常に機能するかどうかを、ミトコンドリアに着目して検証します。
宇宙利用/実験内容 宇宙で培養した神経細胞を保存し、冷凍して回収します。地上では、どんな遺伝子が働いているかを網羅的に解析するとともに、ミトコンドリアの働きに関わった遺伝子、タンパク質についても調べます。
期待される利用/研究成果 この実験を通して、ミトコンドリア関連、アポトーシス関連の遺伝子やタンパク質の働きを解析し、宇宙放射線に長期間さらされた神経細胞が受ける影響について、具体的な情報を得ることが期待されます。
研究論文
雑誌名
Biological Sciences in Space
論文名
著者名
Majima HJ, Indo HP, Tomita K, Iwashita Y, Suzuki H, Masuda D, Shimazu T, Tanigaki F, Umemura S, Yano S, Fukui K, Higashibata A, Yamazaki TQ, Kameyama M, Suenaga S, Sato T, Yen H, Gusev OA, Okuda T, Matsui H, Ozawa T, Ishioka N.
DOI
10.2187/bss.23.43.
雑誌名
RSC Advances 8 Feb 2013
論文名
著者名
Indo HP, Nakanishi I, Ohkubo K, Yen H, Nyui M, Manda S, Matsumoto K, Fukuhara K, Anzai K, Ikota N, Matsui H, Minamiyama Y, Nakajima A, Ichikawa H, Fukuzumi S, Ozawa T, Mukai C, Majima HJ.
DOI
10.1039/c3ra22686g.
雑誌名
Mitochondrion February–April 2007
論文名
著者名
Indo HP, Davidson M, Yen H, Suenaga S, Tomita K, Nishii T, Higuchi M, Koga K, Ozawa T, Majima HJ.
DOI
10.1016/j.mito.2006.11.026.
雑誌名
Free Radical Research 25 Jun 2012
論文名
著者名
Indo HP, Inanami O, Koumura T, Suenaga S, Yen H, Kakinuma S, Matsumoto K, Nakanishi I, St Clair W, St Clair DK, Matsui H, Cornette R, Gusev OA, Okuda T, Nakagawa Y, Ozawa T, Majima HJ.
DOI
10.3109/10715762.2012.698012.
雑誌名
Current Pharmaceutical Design
論文名
著者名
Majima HJ, Indo HP, Suenaga S, Matsui H, Yen H, Ozawa T.
DOI
10.2174/138161211796957490.
詳細

関連リンク

馬嶋 秀行 MAJIMA Hideyuki

鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 教授


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム