哺乳動物培養細胞における宇宙環境曝露後のp53調節遺伝子群の遺伝子発現

公開 2020年3月18日

Rad GeneGene expression of p53-regulated Genes in Mammalian Cultured Cells after Exposure to Space Environment

完了
宇宙利用/実験期間 2009年 ~ 2009年
研究目的 宇宙に細胞を持っていき、p53遺伝子がどのようにはたらいているか、また、他の遺伝子にどうはたらくかを解明しようとしています。
宇宙利用/実験内容

ヒトのリンパ球の細胞を凍結させて打ち上げます。
p53が正常な細胞(TSCE5、正常型p53保有)と正常でない細胞(WTK1、変異型p53保有)の2種類の細胞を用います。

研究論文
雑誌名
International Journal of Radiation Oncology, Biology, Physics 15 November 2010
論文名
著者名
Takahashi A, Su X, Suzuki H, Omori K, Seki M, Hashizume T, Shimazu T, Ishioka N, Iwasaki T, Ohnishi T.
DOI
10.1016/j.ijrobp.2010.04.062.
雑誌名
Journal of Radiation Research 25 February 2012
論文名
著者名
Takahashi A, Suzuki H, Omori K, Seki M, Hashizume T, Shimazu T, Ishioka N, Ohnishi T.
DOI
10.1269/jrr.11140.
雑誌名
International Journal of Radiation Biology 1 Aug 2010
論文名
著者名
Takahashi A, Suzuki H, Omori K, Seki M, Hashizume T, Shimazu T, Ishioka N, Ohnishi T.
DOI
10.3109/09553001003789596.
雑誌名
Advances in Space Research 15 March 2011
論文名
著者名
Takahashi A, Suzuki H, Omori K, Seki M, Hashizume T, Shimazu T, Ishioka N, Ohnishi T.
DOI
10.1016/j.asr.2010.11.002.
雑誌名
Biological Sciences in Space
論文名
著者名
Takahashi A, Nagamatsu A, Su X, Suzuki M, Tsuruoka C, Omori K, Suzuki H, Shimazu T, Seki M, Hashizume T, Iwasaki T, Ishioka N, Ohnishi T.
DOI
10.2187/bss.24.17.
雑誌名
Biochemical and Biophysical Research Communications 18 December 2009
論文名
著者名
Ohnishi T, Takahashi A, Nagamatsu A, Omori K, Suzuki H, Shimazu T, Ishioka N.
DOI
10.1016/j.bbrc.2009.09.114.
雑誌名
Journal of Radiation Research 16 August 2016
論文名
著者名
Ohnishi T.
DOI
10.1093/jrr/rrw020.
詳細

関連リンク

大西 武雄 OHNISHI Takeo

奈良県立医科大学 医学部 教授


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム