長期宇宙滞在宇宙飛行士の毛髪分析による医学生物学的影響に関する研究

公開 2020年3月11日

HairBiomedical Analyses of Human Hair Exposed to a Long-term Space Flight

完了
宇宙利用/実験期間 2009年 ~ 2012年
研究目的 宇宙環境で、人体がどのような影響を受けるかを、毛髪分析で評価するものです。宇宙飛行士の健康管理に役立つ研究です。
宇宙利用/実験内容 ⾶⾏前、⾶⾏中、⾶⾏後に、⻑期滞在宇宙⾶⾏⼠の⽑髪を採取します。⽑幹の微量元素含有量と、⽑根の遺伝⼦やタンパク質などへの影響とストレス応答を解析します。⽑髪はストレスなど外部環境に敏感に反応しますので、これを⻑期滞在宇宙⾶⾏⼠の健康管理技術の向上に役⽴てることができるかどうか検証します。
期待される利用/研究成果

遺伝⼦の働きに変化、さらなる解析を実施中

現在は更なる解析作業を進めています。凍結保存してある⽑髪から⽑根部分を切断して遺伝⼦の働きに関する情報を抽出し、解析を⾏います。網羅的な解析の結果から、これまでにいくつかの遺伝⼦の働きに宇宙滞在に伴う変化が認められています。今後は遺伝⼦の働きと⾝体の変化との対応を検討するとともに、被験者全体の傾向を把握できるように解析を進めていく予定です。また、⽑髪を含むマウスの⽪膚の解析からも、宇宙での飼育による遺伝⼦の変動を検出することができました。これらの⽑根の解析と合わせ、⽑幹に含まれる微量元素の解析もすすめています。電⼦線マイクロアナライザという機器を使⽤し、⽑髪の横断⾯に含まれるカルシウムや塩素などの量を調べています。取り扱う対象がまさしく微量であるため、解析⽅法の妥当性の検証を含めた作業を実施中です。
研究論文
雑誌名
PLOS ONE 18 May 2016
論文名
著者名
Terada M, Seki M, Takahashi R, Yamada S, Higashibata A, Majima HJ, Sudoh M, Mukai C, Ishioka N.
DOI
10.1371/journal.pone.0156190.
雑誌名
PLOS ONE 30 March 2016
論文名
著者名
Terada M, Seki M, Takahashi R, Yamada S, Higashibata A, Majima HJ, Sudoh M, Mukai C, Ishioka N.
DOI
10.1371/journal.pone.0150801.
雑誌名
Scientific Reports 16 December 2016
論文名
著者名
Indo HP, Majima HJ, Terada M, Suenaga S, Tomita K, Yamada S, Higashibata A, Ishioka N, Kanekura T, Nonaka I, Hawkins CL, Davies MJ, St Clair DK, Mukai C.
DOI
10.1038/srep39015.

向井 千秋 MUKAI Chiaki

JAXA


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム