宇宙インフレータブル構造の宇宙実証

公開 2020年3月11日

SIMPLESpace Inflatable Membranes Pioneering Long-term Experiments

完了
宇宙利用/実験期間 2012年 ~ 2015年
研究目的 インフレータブル構造(袋状の膜材を気体による内圧によって膨らませて利用する超軽量構造)を実際の宇宙環境のもとで長期間運用し、その実用性を実証するとともに今後の宇宙構造物への適用のための基礎データを集めます。
研究論文
雑誌名
Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan
論文名
著者名
Aoki T, Higuchi K, Watanabe K.
DOI
10.2322/tastj.12.Tc_1.
関連トピックス
詳細

青木 隆平 AOKI Takahira


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム