地球超高層大気撮像観測

公開 2020年3月11日

IMAPIonosphere, Mesosphere, upper Atomosphere, and Plasmasphere mapping

完了
宇宙利用/実験期間 2012年 ~ 2015年
研究目的 地球超高層(高度80km以上)における、大気光とプラズマ共鳴散乱光の2つの光学現象を可視、近赤外、極端紫外の3つの波長域で観測し、地球大気と宇宙空間の境界領域において発生する擾乱の物理機構を解明します。
関連トピックス
詳細

齊藤 昭則 SAITO Akinori


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム