スプライト及び雷放電の高速測光撮像センサ

公開 2020年3月11日

GLIMSGlobal Lightning and Sprite Measurement Mission

完了
宇宙利用/実験期間 2012年 ~ 2015年
研究目的 CMOSカメラ、フォトメータ、VHF干渉計、VLF受信機を用いて、雷放電及びスプライト現象を観測し、高高度放電発光現象・雷放電の全球分布とその変動、スプライト水平構造の観測と対応する雷放電進展の時間・空間分布の差、高高度放電発光現象の電子エネルギーの特定、雷放電・スプライトとガンマ線放射生起時間の差と放電過程の特定を行います。(スプライト:落雷に伴い高度40~90kmの上空で発光する現象)
研究論文
雑誌名
Journal of Atmospheric and Solar-Terrestrial Physics 1 August 2019
論文名
著者名
Bandholnopparat K, Sato M, Adachi T, Ushio T, Takahashi Y.
DOI
10.1016/j.jastp.2019.04.005.
雑誌名
Terrestrial, Atmospheric and Oceanic Sciences
論文名
著者名
Sato M, Adachi T, Ushio T, Morimoto T, Kikuchi M, Suzuki M, Yamazaki A, Takahashi Y, Ishida R, Sakamoto Y, Yoshida K, Hobara Y.
DOI
10.3319/TAO.2016.09.21.02.
関連トピックス
詳細

牛尾 知雄 USHIO Tomoo


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム