これまでに実施したきぼう有償利用(非定型サービス)のミッション例 ~株式会社竹中工務店~

公開 2022年7月29日

袋型培養槽技術による栽培実験

株式会社竹中工務店

共同研究機関:キリンホールディングス株式会社、国立大学法人千葉大学、
東京理科大学、JAXA(宇宙探査イノベーションハブ)

近年、月や火星などの天体へ人類の活動領域の拡大を目指す機運が高まる中、将来の月探査などでの 長期宇宙滞在時に向けて、地球からの補給に頼らない安定した作物の食料生産に向けた技術実証です。

「きぼう」での取組み

密閉した袋内で植物を栽培することで雑菌の混入を防げる袋型培養槽技術を用いて、「きぼう」船内でレタスを種子から48日間育成、1袋を地上に回収しました。微小重力環境下での本栽培の有効性や他の栽培方式に対する優位性の確認を目的とし、実験用に開発した栽培装置は、3袋の栽培が可能でISSの飲料水から培養液を作成して無菌化して各培養袋に供給できるシステムを備えています。

© 竹中工務店
© 竹中工務店
© 竹中工務店

実施体制・役割分担

関連リンク


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更フォーム
  • メンバー情報登録解除フォーム