MYCO研究の成果が公表されました~宇宙滞在中は真菌の種類および数が大きく減少~

公開 2021年3月26日
国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する宇宙飛行士から出発前・滞在中・帰還後に採取した鼻腔・のど・唾液のサンプルの微生物叢変化の解析結果として、宇宙滞在中は真菌の種類と数が大きく減少することが明らかになりました。本研究成果は、「Microbiology and Immunology」に掲載されました。

論文情報

雑誌名
Microbiology and Immunology.2021; 65: 89-94.
論文名
著者名
Kazuo Satoh, Takashi Yamazaki, Satoshi Furukawa, Chiaki Mukai, Koichi Makimura.
DOI
doi.org/10.1111/1348-0421.12872
PMID
33393685
公開日
2021年1月4日オンライン掲載(Wiley社)

 


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム