2019年度選定「きぼう」利用マウスサンプルシェアテーマ「含硫代謝物および遺伝子発現を指標にした無重力が酸化還元状態に及ぼす影響の解明」の組織解析の成果が論文掲載されました

公開 2021年11月25日

「きぼう」利用マウスサンプルシェアテーマ「含硫代謝物および遺伝子発現を指標にした無重力が酸化還元状態に及ぼす影響の解明」において、株式会社ユーグレナ研究開発部・阿閉耕平主任研究員(研究代表者)らは、宇宙飛行後のマウス肝臓内の硫黄化合物の状態を解析しました。その結果、硫黄系抗酸化物質群が宇宙放射線に起因する酸化ストレスや微小重力といった宇宙環境の経験に応じて減少していることがわかり、マウスの肝臓にダメージを与える要因となっている可能性が示唆されました。本研究の成果は、英国の科学学術誌Scientific Reports誌に掲載されました。

論文情報

雑誌名
Sci Rep. 2021 Nov 8;11(1):21786.
論文名
著者名
Kurosawa R, Sugimoto R, Imai H, Atsuji K, Yamada K, Kawano Y, Ohtsu I, Suzuki K.
DOI
10.1038/s41598-021-01129-1

 


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問い合わせ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム